2004年 11月 13日 ( 1 )

予告通りにハーレーネタです。

ローライダーにはいずれ乗るつもりと以前書きましたが、ハーレーそのものについて少し書きますね。大半の人が、それもバイク乗りがほとんどですが、ハーレーは壊れて仕方ないなんて意識をもっておられる。それは今のツインカム88になってからは特に減ったと思われる。なんら国産バイクと変わらないはず。その前のエボリューション、そのまた前のショベルヘッドと呼ばれる(この世代に初代ローライダーが誕生)エンジン、はたまたナックルやパンとなると旧式ほど壊れやすいのは当然だが、ハーレーの場合相応にして古い物のほうが値段が高かったりするのである。それは何故か・・・。乗り味だったり、鼓動感だったり、所有感だったりするのであるが、ショベルエンジン所有者は「エボなんてハーレーじゃない」と言う人もいる。またエボ乗りは「ツインカムなんて・・・。」でもそれは紛れもなく皆ハーレーな訳で、双方向である意味憧れみたいなものが実際は存在していると思われる。例えばツインカムなんかは国産バイクとツーリングに出かけても、何の不安もないし、至って快適である。しかしそれがショベルだったら・・・。と思うと「置いてかれるかも」という少々の不安があるかもしれない。その逆に旧い物はそれなりに無駄が少なく造形的にも美しかったり、旧車にしか出せない音、いわゆる三拍子ってヤツですね。があったりするのである。とまぁとりとめもなくだらだらと書きましたが、奥の深さが少し分かっていただけたでしょうか?色んな年式の色んなタイプに乗ってみたくなるのは当たり前で、オイル交換ぐらいはせめて自分でやれないとつまんないですよね。
b0026392_15584922.jpg

写真は、以前乗っていたファットボーイです。これは初代のファットで、色はシルバーのみ、フレームまでシルバーに塗られています。もう一つの決め手はエンジンのヘッドのミドル部分をはじめプライマリーカバーやスイッチ周りに黄色いアクセントがあることです。実は色は違ってましたが、この初代ファットボーイ、シュワちゃんのターミネーター2で彼が酒場で奪い取ったバイクと同じなのです。なんであれだけ黒だったか不明ですけどね。タンクには星のマーク、ミリタリーチックもそのはず、イメージ、ネーミングはアメリカ原子爆弾の名前からとってつけたとか・・・。1990年式です。
b0026392_1625581.jpg

これからハーレーに乗るって言う方のためにバイブルのページです。ここを読めば私のようにエンジンだってばらせるようになっちゃいます。下手なショップのメカニックより知識豊富な兵揃いです。
[PR]

by pote_long | 2004-11-13 15:58 | bike