<   2004年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

久々の書き込み

昨日の投票日は皆さん有難う御座いました。義兄も最善を尽くしたと思います。
結果は残念ながら次点に終わりました。42.07パーセントの投票率・・・。
これって良い方なの?自分の住んでる市のリーダーを決める選挙、言うまでも無く過半数以下、残念としか言い様がありません。

それより何より、昨日、突然ツーリング仲間から訃報が・・・。
N君が他界したとの事・・・。はっきりした年齢も知りませんが、おそらく30代前半、住んでいる場所も同じ市内ぐらいの知識、でも何度も一緒に走った仲間でした。私たちアメリカンバイクとは違い、国産カワサキ命!のような男でした。カワサキのカスタムコンテストみたいな大会で賞を貰ったって数年前に喜んではしゃいでたのが昨日の様に思い出されます。本田党の友人Y君とよく口論してましたね。違法なのは分かってますが時には高速道路を250キロぐらいで駆け抜けたN君、てっきりアスファルトの上での出来事かと思いました。しかし残念です。自らその若すぎる生命に終止符を打ったN君。何で・・・。数日前に自分でバイクをばらし、一年越しで組みあがったばかりと聞きました。なのに何で・・・。残された奥さん、まだまだ小さなお子さんはどうなるんだよ!

ただ今出来ること・・・思い出話をする事、手を合わせること、それだけです。
ご冥福を祈ります。
b0026392_9304499.jpg

[PR]

by pote_long | 2004-11-29 09:28 | etc

すっごいですねぇ。

コレは?スパイラルさんのページからトラバですが、すっごいですねぇ、旧車も旧車!超旧車じゃないですかぁ、おそらく1941年物のEL辺りだと推測しますがいかがでしょう?エンジンはナックル,ギアはジョッキーシフト・・・。ん~ええですねぇ、動けばですがね。
[PR]

by pote_long | 2004-11-17 23:23 | bike

先生

今日は午後から新しい住宅建設の為の打合せでした。
今回は、私が以前勤務していた設計事務所の設計物件なのです。
久しぶりに以前のボスと打合せをさせていただきました。もうピリピリですわ、正直・・。十数年前、ボスが設計室に入ってくると空気がピンと張りつめてたことを思い出しました。なんだか懐かしいです。で、今まで見たことも無かった若い所員を私は先生と呼ばせていただくわけで、なんか後輩なのにみたいな、へんてこでしょ?社会のルールなんですよね。私も設計の立場にいるときは先生呼ばわりされる訳で・・・。でも先生ってお医者様と学校の先生だけで十分だと正直思ってます。でもでもP長の立場から言わせていただくと、私たちが小学生の事のような熱意ある先生がどれだけ居るか疑問でもあります。本当の先生ってなんでしょね?
[PR]

by pote_long | 2004-11-16 23:47 | job

1200S

ハーレーは1200Sスポーツスターから始まりました。
このタンクの形状にやられましたね。さらにカスタムしピーナツタンクにしてる人も結構いましたがツーリングのことを考えるとそこまですると不便かと思い、断念した事もありました。格好は断然その方がスタイリッシュだと思いましたが・・・。

先日も書きましたが、ハーレーの魅力って色々です。ほんと。同じようにみえてもフレームだけでダイナ、ソフテイル、スポスタ、ツアラー系、ともう一つ忘れましたが・・・なんて具合に色々あるのです。ハーレーの中で一番囁かれるのが、オイル漏れなんてアメリカ製だし当然!みたいなオイル漏れ現象、でもこれって絶対に止まるんですよ。私がばらした時の写真をご覧あれ、私の場合、クランクケースとシリンダーの接合部から漏れてました。前のオーナーがなんか表面からシール材みたいなものを塗っていたらしく、漏れている所が盛り上がってましたが、ソレを削り取り新しいメタル製のガスケットに交換すべく作業を自ら行いました。その時の途中までの写真です。これ以後の写真は、興奮していたので撮る事を忘れました。それほど自分自身エキサイティングだったんです。というより、メモ代わりに撮った写真が残っていると言うのが正確なところで、これ以外は記録をとらなくてもきっと良かったのでしょうね。
b0026392_23101361.jpg

感想として、たかがガスケット一枚の事に何万円も、下手すると十何万も支払ってお店に頼むのは馬鹿らしい、むしろ自分で触って楽しかった、こんな楽しい事人に頼むなんて・・・。(ちょいと言いすぎですが)とまあこんな感じでしょうか。手順さえ分かれば何も難しい事など無かったです。でもね、交換まで行き着くのに二晩かかりましたわ。
b0026392_23105385.jpg
所詮素人ですからね。でもほんと楽しんでやれました。ご覧のようにプッシュロッド本体は色分けされていたり
b0026392_23112713.jpg
b0026392_2312576.jpg
b0026392_23124756.jpg
、同じと思っていたボルトの長さが微妙に違っていたりで、遠回りをしても記録を取りながらもとの様に戻せるように慎重に作業する事が大事です。ばらしてから焦らないように必要なものを入念にチェック、イメトレも万全で自信満々でしたがいきなりヘッドの部分がフレームと干渉しまるで知恵の輪状態で外れなかったり、力任せでボルトの頭を舐めそうになったり・・・。あ、言うのを忘れましたが、当然全てインチ工具でないと駄目です。
まず、ガソリン抜きから始まるんですよね。で、これは現モデルと違って完全にタンクが二つになってるので二つ共から完全にガソリンを抜きます。それからホーンを外したりキャブを外したり散々ばらばらにしてやっとエンジン上部がばらせるんです。あとトルク管理もトルクレンチを店で借りてやりましたよ。流石にシリンダーの4本のボルトがバラバラのトルクでは心配だったのでその辺はキッチリ良い仕事しました。でもね、最終的に組みあがって、色々点検し始めて火を入れるときは、セルを押す指が緊張してましたし、何でやねん!って感じですが腰が多少引けてましたね。だってかたっぽだけで700cc近くあるシリンダーですよ。それを自分でばらしてしまった訳で、カキンコキンとがドタンバタンいったらどうしようかと思いますわな、いくら良い仕事してても(笑)。でもね。第一声は変でしたが、何事も無くもと通り、オイルも一滴も漏れなくなって、益々愛着が沸きました。

でも浮気をしてしまう事になるのは言うまでもありません。男の嵯峨でんな(笑)
[PR]

by pote_long | 2004-11-15 23:15 | bike

予告通りにハーレーネタです。

ローライダーにはいずれ乗るつもりと以前書きましたが、ハーレーそのものについて少し書きますね。大半の人が、それもバイク乗りがほとんどですが、ハーレーは壊れて仕方ないなんて意識をもっておられる。それは今のツインカム88になってからは特に減ったと思われる。なんら国産バイクと変わらないはず。その前のエボリューション、そのまた前のショベルヘッドと呼ばれる(この世代に初代ローライダーが誕生)エンジン、はたまたナックルやパンとなると旧式ほど壊れやすいのは当然だが、ハーレーの場合相応にして古い物のほうが値段が高かったりするのである。それは何故か・・・。乗り味だったり、鼓動感だったり、所有感だったりするのであるが、ショベルエンジン所有者は「エボなんてハーレーじゃない」と言う人もいる。またエボ乗りは「ツインカムなんて・・・。」でもそれは紛れもなく皆ハーレーな訳で、双方向である意味憧れみたいなものが実際は存在していると思われる。例えばツインカムなんかは国産バイクとツーリングに出かけても、何の不安もないし、至って快適である。しかしそれがショベルだったら・・・。と思うと「置いてかれるかも」という少々の不安があるかもしれない。その逆に旧い物はそれなりに無駄が少なく造形的にも美しかったり、旧車にしか出せない音、いわゆる三拍子ってヤツですね。があったりするのである。とまぁとりとめもなくだらだらと書きましたが、奥の深さが少し分かっていただけたでしょうか?色んな年式の色んなタイプに乗ってみたくなるのは当たり前で、オイル交換ぐらいはせめて自分でやれないとつまんないですよね。
b0026392_15584922.jpg

写真は、以前乗っていたファットボーイです。これは初代のファットで、色はシルバーのみ、フレームまでシルバーに塗られています。もう一つの決め手はエンジンのヘッドのミドル部分をはじめプライマリーカバーやスイッチ周りに黄色いアクセントがあることです。実は色は違ってましたが、この初代ファットボーイ、シュワちゃんのターミネーター2で彼が酒場で奪い取ったバイクと同じなのです。なんであれだけ黒だったか不明ですけどね。タンクには星のマーク、ミリタリーチックもそのはず、イメージ、ネーミングはアメリカ原子爆弾の名前からとってつけたとか・・・。1990年式です。
b0026392_1625581.jpg

これからハーレーに乗るって言う方のためにバイブルのページです。ここを読めば私のようにエンジンだってばらせるようになっちゃいます。下手なショップのメカニックより知識豊富な兵揃いです。
[PR]

by pote_long | 2004-11-13 15:58 | bike

ん?体質変わったのかなぁ

煙草を止めて5ヶ月目になるんですが、最初はなんか汗っかきになったのか特に首周りに沢山汗をかき夏場だったので頻繁にTシャツ変えてました。それが今度はなんか目がむずむずする時が多くなりました。くしゃみも止まらないこともしばしば・・・。好転反応?体質の変化か?特にこれだから止めたって気合を入れていた訳でもなく、アイテム的に男には欠かせない持ち物だと思っていたジッポーとかとさよならする方がとっても辛かった気がします。でもね。如実にその違いが出るのは運動会の猛ダッシュ!のような時、吸っていたときと思うと確実に疲労感が違います。ってことはきっと海でも息が上がらないのでしょうね。

ずっとずっとサーフィンしたいから、煙草止めてよかったかな。
あ、それと韓国から帰ってから、キムチ好きになりました。(笑)
あんまり酸味の強くない程よい感じの味が好みだったりします。ハイ

ぼちぼち真面目にハーレーネタでもいこっかなぁ・・・。
[PR]

by pote_long | 2004-11-09 18:57 | etc

お母様方と一緒に・・・

地元を散策し苔玉を作ってきました。
先週の5日の日にPTA行事で日帰り研修事業を行いました。地元である瀬戸市の窯垣の小径を散策し有形文化財である登り窯を尋ね4キロほど歩いてきました。この窯垣は窯焼きの多い瀬戸でも、特に洞地区に沢山見られるもので、窯で使われる、棚板やツク、さらにはエンゴロを捨てるのではなく再利用して出来ております。独特の色合いで私達を楽しませてくれるだけでなく、この道を歩いているとなんだか戦後(もちろん知りませんが)間もない時代にタイムスリップしたような雰囲気さえ感じられます。皆さんも是非一度訪れてみてはいかかですか?
b0026392_190463.jpg

写真が私の作った苔玉です。心なしか歪ですが気にしないです(笑)
b0026392_1944730.jpg

最近にわかに人気があるみたいですね、お母様方皆真剣に質問されてました。先生が東風山野坊(とうふうさんやぼう)
b0026392_1954862.jpg
というギャラリー兼教室を開いておられ、何人かで予約すれば教えていただくことが出来ます。また材料等も購入できるみたいです。
b0026392_1962172.jpg
先生は安藤豊彦先生、実は俳優として、また映画監督としても活躍される奥田瑛二さんのお兄さんなのです。こちらもご興味があれば一度どうぞ。
[PR]

by pote_long | 2004-11-08 19:26 | etc

ロコの朝日。お待たせしました。

たった今中村ちゃんから写真が届きました。
BaliHighさんの写真ですが、原板は2048×1536で650kほどあるのでかなりちっちゃくしてます。宜しければ原版メールいたします。ほとんどシルエット状態ですが、それでもいい写真ですよね。この時間この場所には絶対にBaliHighさんと私の二人だけでしたから間違いないと思います。
b0026392_23351788.jpg

言い忘れましたが、右隅で沖にパドルするのが私のはずです。(爆)
写真をクリックすると倍くらいに大きくなります~
[PR]

by pote_long | 2004-11-04 23:37 | surfing

やられたぁ!

昨日は一月ぶりくらいに海へ出かけました。友人と4時に家で待ち合わせもう一人飛び入り参加で見学希望の中村ちゃんを豊田でピックアップしいざ伊良湖へ。

干潮時刻が午前3時過ぎだったので夜明けと共に入水しようと、ロコへ向かったんだけど波数少ない腰、セット腹ぐらいの波、既にバリハイの武藤さんが一人っきりで入水されたたので、人数すくないうちにと急いで着替え入水、武藤さんに挨拶をし、「今日はワイキキのような波だから5人ぐらいでも一緒に乗れるよ!」となんともまぁ優しい言葉を掛けられ暗黙のうちに多少のドロップOKが出るも、なんとも一月ぶりの体は思うように動かず・・・。乗れない(汗)。でもそれから人が増えるまで何本かはいい波捕まえる事が出来ました。

その後、上げいっぱいになり堤防横はほとんど割れなくなり、友人の入っている展望台正面に移動、波質は落ちるがまだまだ多少セットが入っており、この位置でもうひとがんばり!って感じで数本乗りプルアウト~目の前にセットそしてショートの2人とロングの一人が結構掘れた位置からアプローチしてる・・・・。またもや(汗)、先ほどからの観察では3人ともパーリングする予想・・・~的中(大汗)。エイ!ヤァ!お願い!勘弁して!っと潜ってみました。ふっと浮んでなにもなく終わったようでしたが・・・。そのご数本乗った後ボトムが手に引っかかる・・・。ゲ!嫌な予感・・・。それは間違いなくショートのノーズが刺さった跡なのでした。(涙)

もう少し遊んでたかったけど、すぐさま海から上がり、落ち込みモードの中着替えを開始!昼食をすませ車中での3人のやり取り。中村ちゃんがデジカメで写真を撮っていたらしい。朝日をバックに偶然にも綺麗に一人のサーファーが撮れてる。誰なんだろと言うよりどちら?私?友人?
私:ああ、これ俺だわ!

友人:ん?違うよ間違いなくこの角度、俺だって!

誰なんて確定できないほど小さなサーファー

私:中村ちゃんこれって拡大できないの?

中村:ああ、そこのボタンで出来ますよ。

私:ああ、これね。拡大・・・・拡大・・・・拡大・・・・更に拡大・・・・ん?頭がなんか丸い。  嫌な予感・・・・さらにさらに拡大・・・・ギクッ。

最近のカメラの出来のよさに驚かされましたわ。なんと拡大していったら、ウエットがロンスリと判明!キッチリとスネが肌色ですわ。(友人私共にフルスーツ)という事で時間的もシルエット的にも武藤さんと言う事で決定!てっきり自分だと本気で思っていた二人と中村ちゃんの三人は車中笑いの渦でした。過信はいかんね。という事で写真が送られてきたら、武藤さんに送らせて頂きます。

と涙あり笑いありの楽しい一日でした。中村ちゃん早く波乗りデビューしようね!
[PR]

by pote_long | 2004-11-04 09:14 | surfing